週末プチ断食でダイエット

プチ断食の方法は決して難しいものではありません。

とても簡単な方法になりますが、2日間から3日間特に食事をしなくても良い時間を作り、
その中でプチ断食を行います。


プチ断食をしている間は食事は避けた方が良いですが、どうしても空腹感が強いときにはお砂糖が入っていない炭酸水を飲んだりする事は可能だと言われています。


あくまでもプチ断食ですから、長期間に渡り断食をしてしまう事はいけないと言われていて、短期間の断食にとどめるようにしてください。


2日間から3日間のプチ断食を行う事で内臓が綺麗にリセットされると言われていますが、日頃断食をしていない人はプチ断食でも辛さを感じてしまう事があるようです。


最近はプチ断食と酵素ドリンクなどを組み合わせたダイエットが主流になってきているので、空腹感が強いときには上で記した炭酸水などの他に、酵素ドリンクを飲むことも良いと方法だと思います。


老廃物をしっかりと排出させる事で体内の臓器の働きも正常に戻りますから、そうなればあまり強い空腹感にさいなまれる事も無くプチ断食が成功すると言われています。



プチ断食をすると本当に体の中がリセットされて、肌荒れなども無くなり、便秘も解消されるとも言われています。


プチ断食をするときにはゆっくりと自宅で過ごせるような週末が良いと言われていて、テレビなどを見ながらリラックスした時間の中でプチ断食を行うようにしていけば、失敗する事も少なく、しっかりとダイエットが成功出来ると言われています。


毎日つらい食事制限を長期間に渡り続けるダイエットに比べると2日間から3日間のプチ断食のダイエット法のほうが体や精神的な負担も少ないと言われていますね。


週末のプチ断食方法はこちらでご覧いただけます ⇒ 週末プチ断食の方法

ファスティングと回復食について


ファスティングダイエットと言うのは短期間の断食と共に内臓をリセットさせて行うものになります。


近年ではスティングダイエットを行っている芸能人もいますし、ブログなどでも紹介されている事が多いのでご存知の方もいるのではないでしょうか。


ファスティングダイエットは、一般的なダイエットと違い、体を激しく動かしたり食事制限するものでは無く、本来の目的としては、内臓をリセットさせて体の中を綺麗にすると言うものになります。


しっかりと体の中が綺麗になる事によって、脂肪の蓄積を予防して太りにくい体を作ってくれるので今までと違い、代謝が良い状態の身体に変わっていくと言われています。


ファスティングダイエットをする際にはプチ断食を行いますが、プチ断食を行った後の内装は突然沢山の刺激があると負担がかかってしまうので、回復食を摂らなければなりません。


ファスティングダイエットをしている間は内臓が全く動いていない状態なので、ファスティングダイエットの後の回復食としてお勧めなのはヨーグルトやおかゆになります。


また栄養がたっぷりと含有されているゼリーなどでも良いと言われています。


ゆっくりと回復食を食べて内臓の働きを高めてあげる事で、内臓に負担をかけずに通常の食事に変えていく事が可能です。


私たちは回復食は食べる事によって代謝の良い状態を維持しながら通常食に変更できるので、ファスティングダイエットの後は必ず回復食を食べるようにしましょう。


ファスティングダイエットは健康的に痩せられる方法ですので、日頃ダイエットが苦手だと思っている人でもチャレンジしてみてはいかがでしょうか?